女性の下半身太りは長い時間同じ体勢でいることが原因です

リンパの流れが滞るから・・・

 

立ち仕事

下半身太りの人のことを調べると、同じような特徴がいくつも見つかります。その中でも特に問題なのは、長い時間同じ体勢を続けていることが多い人なんです。ショップスタッフなどサービス業の人は、長い時間立ったままになることが多いですよね。OLさんなどパソコンを使う仕事の人は、長い時間座ったままになることが多いです。このような仕事は女性の比率が高いですよね。

 

同じような体勢を続けていると、リンパの流れが滞るのを知っていますか?リンパの流れが滞ると言うことは、血液の流れも悪く、下半身に浮腫みが起きやすいんです。立ち仕事が多い女性は、夕方から足がぱんぱんになったってよく言っていますよね。老廃物も下半身に溜まりがちになり、カラダから排出することができないので、下半身太りになりやすいんです。

 

リンパの流れ、血液の流れの悪化で下半身太りになると、見た目も悪くなりますが、自分でもスッキリした感じを得られなくなります。カラダが重いって感じることが多くなるんですね。立ち仕事が多い女性は、なるべく動くことを意識するだけでも違いますし、デスクワークの女性は、定期的に立ち上がったりストレッチをするようにするのが良いんです。これだけでも下半身太りの防止になりますよ。

 

 

悪い体勢が続くと骨盤が歪んできて・・・

 

骨盤ゆがみ

長い時間同じ体勢でいるだけでも悪影響がありますが、悪い姿勢や無理な体勢をしていると骨盤が歪んでくることがあります。立ち仕事で疲れてくると片足に体重を乗せて立つことがありますよね。これは悪い姿勢です。足を組んで座っているのも悪い姿勢です。先ほどのサービス業のスタッフやPCをずっと使っているOLさんなどが無意識でやっていることが多いです。

 

このような悪い姿勢を続けていると、骨盤が歪んできますので、内臓の位置が下がったりして、ポッコリお腹になることが多いのです。当然周り代謝も悪くなりますから、脂肪がつきやすいですし、ついている脂肪が落ちにくくなります。老廃物も溜まりやすく、セルライトの原因となりやすいんです。

 

ただでさえ女性は、女性ホルモンの影響で骨盤周辺の靱帯が緩くなることがあります。女性ホルモンの影響はどうしようもありませんが、体勢や姿勢を直すことはできますので、ある程度下半身太りを防止することができるのです。

下半身太りはセルライトが原因

下半身太り

セルライトって聞いたことある人が多いと思いますが、セルライトは皮下脂がたまって堅くなったものです。太ももやお尻、お腹周りなどにつきやすくて、下半身太りにつながっているんです。セルライトができている場所の皮膚は、凸凹となっているから一目で分かります。セルライトが付きかけの時は、触るとボコボコしているので、振れてみれば分かります。普通の脂肪にくっついてセルライトができると、なかなか落とすことが出来ないので困ります。

 

男性は内臓脂肪がつきやすいですが、女性は皮下脂肪がつきやすいので、セルライトができやすくなっています。下半身太りで悩んでいる女性の多くは、セルライトが原因となっているんですね。

 

セルライトのできる原因は、皮下脂肪と同じなので、食べ過ぎや運動不足、生活習慣の乱れなどが原因となります。脂っこいものを食べ過ぎている人や、お酒が好きで飲み過ぎる人などは要注意ですね。今はそれほど気にならなくても、いずれセルライトが出来て、下半身太りとなりやすいのです。

 

女性は冷え性に悩んでいる人が多くいますが、冷え性はセルライトの原因となります。カラダが冷えていると、血流も悪く、老廃物も排出しにくいのです。と言うことは、脂肪の代謝も悪いわけですから、カラダに残りやすくなっているのです。カラダに残った老廃物が脂肪にくっつくと、冷え性の人は固まりやすいので、下半身太りに一直線です。

 

ついてしまったセルライトはなかなか落とすことができません。地道にダイエットをして痩せるしかないのです。運動をしたりして脂肪を燃やそうと思っても、内臓脂肪から燃焼されるので、セルライトはなかなか落ちません。セルライトを落とすのが大変ですから、なるべくセルライトを増やさないようにしないといけないわけです。

下半身太りに効果的なダイエット方法

骨盤ダイエット

 

悪い姿勢をしていると骨盤が歪みやすいわけですが、骨盤矯正をすることで下半身太りを改善できることが多いようです。ダイエットエステなでにも骨盤ダイエットメニューのあるところがあります。スリムビューティハウスなどは骨盤矯正を押しているのでおすすめです。

 

ダイエットエステ 口コミが参考になります。

 

痩身エステにいかなくても、自分で骨盤矯正をすることもできます。骨盤スクワットと言いますが、両足を肩幅に広げ、両手を前方に出して、背筋を伸ばしたままゆっくりと腰を落としていきます。限界と感じるところまで下げられるだけ下げたら、ゆっくりと本の位置に戻します。これを何度か繰り返すのです。

 

1日数回やすだけでも下半身太りの人には効果があるダイエット方法です。自宅で一人でできるダイエット方法ですし、時間もさほどかかりませんから、忙しい人でも無理なく挑戦することができます。この骨盤スクワットだけでなく、通常のスクワットも併せて行えば、下半身に筋肉がつきますので、脂肪がつくのも防止することができます。

 

有酸素運動

 

ジョギング

ダイエットで真っ先に思い浮かぶのが有酸素運動です。ジョギングだったりエアロビクスだったり・・・。有酸素運動のポイントは、軽い負荷の運動を長時間に続けることです。有酸素運動は脂肪燃焼に効果があるので、脂肪の一種であるセルライトも落とすことができます。ただ最初に燃焼される脂肪は、皮下脂肪ではなく内臓脂肪となります。

 

有酸素運動の代表的なジョギングですが、普段まったく運動をしていない人にはハードルが高いのです。気持ちが高ぶって走り出しても、苦しくて長い時間走れませんし、筋肉痛になったり、膝を痛めたりします。そんな人はまずはウォーキングから始めた方が続けやすいですね。ウォーキングに慣れてきてからジョギングに変えていく方が挫折がしにくくなります。

 

下半身の筋肉を使う有酸素運動は、血の流れやリンパの流れを促進することになるので、老廃物の排出にもつながり、下半身太りの解消にはもってこいです。

 

食生活を改善

 

乱れた食生活も下半身太りにつながりやすいと言いましたが、本人が気づいていないことが多いのです。甘いものが好きな人は、摂取カロリーや糖分摂取量が多くなりやすいので、余ったものが脂肪となりやすいです。添加物や塩分の多い人、味付けが濃い人も浮腫みを起こしやすいですし、セルライトが出来やすくなります。

 

自分の食生活を見直してみて、有酸素運動と組み合わせることで、下半身についた脂肪を落とし、浮腫みをなくすことにつながります。何もならないよりは単独のダイエット方法を始めた方がいいですが、それぞれのダイエット方法を合わせて行うことで、効果も高くなり、短期間で下半身太りを改善することになります。

 

一気に劇的変化を求めない!

 

下半身太りは女性ホルモンの影響もありますし、女性の方が脂肪がつきやすいことから、男性よりも女性に多いのが現状です。昔からの体質だからとあきらめている人も多いですが、普段の生活を見直すことで、下半身太りの原因が見えてきます。仕事を変えることはなかなか難しいですが、休憩時間を上手に活用してストレッチをしたり、シャワーで済ませていたのを湯船に浸かるようにしたりすることでも変わってきます。

 

食べたいものを今までのように食べるのではなく、食生活を改善したり、様々なダイエット法をすることで徐々に変化が現れます。最初の数日で変化がでるわけではないですが、続けていくことで目に見える変化となって現れます。自分のカラダの変化が分かるようになると、さらに頑張りたくなりますので、大きな改善となるのです。短期間で一気にダイエット使用と思わず、じっくりと問い質改善するつもりで取り組んでみてください。続けるだけ効果はありますからね。